略歴

氏名:岡 英太郎(おか えいたろう)
生年月日:昭和45年11月17日

学歴:
平成元年4月  東京大学教養学部理科I類入学
平成3年4月  東京大学理学部地球物理学科進学
平成6年3月  東京大学理学部地球物理学科卒業(一留
平成6年4月  東京大学大学院理学系研究科地球惑星物理学専攻修士課程入学
平成8年3月  同修了
平成8年4月  東京大学大学院理学系研究科地球惑星物理学専攻博士課程進学
平成12年3月  同修了(博士(理学))

職歴:
平成12年4月〜平成16年6月
 地球観測フロンティア研究システム 研究員
平成16年7月〜平成18年3月
 独立行政法人海洋研究開発機構 地球環境観測研究センター 研究員 (組織名変更)
平成17年4月〜平成18年3月
 スクリプス海洋研究所 訪問研究員
平成18年4月〜平成22年3月
 東京大学 海洋研究所 講師
平成18年4月〜平成19年3月
 独立行政法人海洋研究開発機構 地球環境観測研究センター 研究員(非常勤)
平成19年4月〜平成21年3月
 独立行政法人海洋研究開発機構 地球環境観測研究センター 招聘研究員(非常勤) (職名変更)
平成21年4月〜平成22年12月
 独立行政法人海洋研究開発機構 地球環境変動領域 招聘研究員(非常勤) (組織名変更)
平成22年4月〜平成23年4月
 東京大学 大気海洋研究所 講師 (組織名変更)
平成23年4月〜
 東京大学 大気海洋研究所 准教授
平成24年5月〜
 東京大学 大学院総合文化研究科付属 国際環境学教育機構 兼務

研究航海(*印は主席研究員):
28. 白鳳丸 KH-17-1 航海*, 2017年4月25日〜28日, 東京〜東京(観測研究推進室の試験航海)
27. 新青丸 KS-17-2航海*, 2017年4月3日〜7日, 横須賀〜石巻(観測研究推進室の試験航海)
26. 白鳳丸 KH-16-3 航海*, 2016年5月31日〜6月29日, 東京〜東京 (航海のサイト
25. 白鳳丸 KH-16-2 航海*, 2016年5月17日〜19日, 東京〜東京(観測研究推進室の試験航海)
24. 新青丸 KS-16-3航海*, 2016年4月2日〜6日, 横須賀〜横須賀(観測研究推進室の試験航海)
23. 新青丸 KS-15-14 航海*, 2015年10月19日〜29日, 横須賀〜横須賀 (航海のサイト
22. 新青丸 KS-15-2 航海*, 2015年4月23日〜30日, 東京〜仙台(観測研究推進室の試験航海)
21. 新青丸 KS-14-7 航海*, 2014年5月13日〜26日, 横須賀〜横須賀 (航海のサイト
20. 白鳳丸 KH-14-1 航海, 2014年2月21日〜3月13日, 東京〜東京 (航海のサイト
19. 新青丸 KS-13-T4 航海*, 2013年11月8日〜14日, 横須賀〜横須賀 (クルーズレポート
18. 白鳳丸 KH-13-3 航海*, 2013年4月2日〜5月1日, 東京〜釧路〜下関 (航海のサイト
17. 淡青丸 KT-12-16 航海*, 2012年6月29日〜7月9日, 宮崎〜石巻 (航海のサイト
16. 白鳳丸 KH-11-8 航海, 2011年8月12日〜10月4日, 東京〜サンフランシスコ〜東京
--. 白鳳丸 KH-11-3 航海 (Leg2), 2011年3月13日〜23日, 東京〜東京 → 大震災により中止(レポート) → KH-14-1として実施
15. 淡青丸 KT-09-21 航海, 2009年10月15日〜26日, 東京〜塩竃 (航海のサイト
14. 淡青丸 KT-09-9 航海*, 2009年6月12日〜6月17日, 塩竃〜東京 (航海のサイト
13. 白鳳丸 KH-08-3 航海 (Leg2), 2008年10月9日〜11月7日, 塩竃〜東京
12. 白鳳丸 KH-07-1 航海 (Leg2), 2007年5月9日〜6月8日, 函館〜東京
11. みらい MR02-K06 航海 (Leg4), 2003年2月1日〜14日, ホノルル〜関根浜
10. みらい MR02-K01 航海 (Leg1), 2002年1月7日〜17日, 横浜〜ホノルル
9. 淡青丸 KT-01-16 航海, 2001年11月22日〜12月1日, 東京〜横須賀
8. みらい MR00-K07 航海 (Leg1), 2000年10月18日〜11月8日, 関根浜〜シンガポール
7. 白鳳丸 KH-99-1 航海, 1999年1月14日〜3月4日, 東京〜ポンペイ〜グアム〜東京
6. 淡青丸 KT-97-18 航海, 1997年12月2日〜8日, 東京〜横須賀
5. 淡青丸 KT-97-14 航海, 1997年9月1日〜7日, 大槌〜八戸
4. 白鳳丸 KH-96-4 航海, 1996年10月17日〜11月27日, 東京〜鹿児島〜横浜〜東京
3. 淡青丸 KT-96-5 航海, 1996年4月20日〜26日, 横須賀〜東京
2. 白鳳丸 KH-95-1 航海, 1995年5月12日〜6月12日, 東京〜鹿児島〜東京
1. 白鳳丸 KH-94-3 航海 (Leg1), 1994年9月2日〜23日, 東京〜横浜

受賞:
2001年度 地球観測フロンティア研究システム貢献賞
2003年度 地球観測フロンティア研究システム優秀研究賞
2011年度 日本海洋学会日高論文賞
2015年 米国地球物理学連合優秀査読者賞

外部資金:
2009-2011年度、科研費基盤B(課題番号21340133)、「北太平洋亜熱帯域のサブダクション過程およびその経年変動のメカニズム解明」、14,500千円、代表
2010-2014年度、科研費新学術領域研究(研究領域提案型)、「黒潮・親潮続流域における相互作用の現場観測」、181,300千円、分担者
2013-2016年度、科研費基盤B(課題番号25287118)、「黒潮続流と中規模渦の変動に伴うモード水の十年規模変動」、13,700千円、代表
2013-2014年度、科研費新学術領域研究(研究領域提案型)公募研究(課題番号25121502)、「太平洋の表層塩分変動の解明に基づく新たな海洋区系の構築」、3,700千円、代表
2014-2017年度、科研費挑戦的萌芽研究(課題番号26610149)、「高密度係留観測による海洋深層の中規模現象の探査」、2,600千円、代表
2017-2019年度、科研費基盤C(課題番号17K05652)、「北太平洋中央モード水のサブダクションとその十年規模変動」、3,400千円、代表

レフェリー:
Climate Dynamics, Deep Sea Research, Dynamics of Atmospheres and Oceans, Geophysical Research Letters, International Journal of Oceanography, Journal of Atmospheric and Oceanic Technology, Journal of Climate, Journal of Geophysical Research, Journal of Ocean University of China, Journal of Oceanography, Journal of Physical Oceangraphy, Ocean Dynamics, Ocean Modelling, Ocean Science, Scientific Reports.

所属学会等:
日本海洋学会(2011〜14・17〜18年度幹事、2012年度〜評議員、2016年度〜Editor, Journal of Oceanography、2016〜17年度論文賞受賞候補者選考委員)
American Geophysical Union
日本地球惑星科学連合
日本カクタスの会(仮)
大気海洋研サッカー部

指導学生:
桂 将太(東大アメフト部出身、2011〜12年度修士、2013〜2016年度博士、2016年12月博士修了)
宮本 雅俊(東北大考古科学技術研究会出身、2013〜14年度修士、2015年度〜博士)
山田 広大(東大アメフト部出身、2016年度〜修士)

自己紹介はこちら


論文リスト

(各pdfファイルのダウンロードはご自身の研究のため、1回のみとしてください)

査読あり論文:

Oka, E., S. Katsura, H. Inoue, A. Kojima, M. Kitamoto, T. Nakano, and T. Suga, 2017: Long-term change and variation of salinity in the western North Pacific subtropical gyre revealed by 50-year long observations along 137E. Journal of Oceanography, 73, 479-490. [link: open access]

Aoyama, M., Y. Hamajima, Y. Inomata, and E. Oka, 2017: Recirculation of FNPP1-derived radiocaesium observed in winter 2015/2016 in coastal regions of Japan. Applied Radiation and Isotopes, 126, 83-87. [link]

Miyamoto, M., E. Oka, D. Yanagimoto, S. Fujio, G. Mizuta, S. Imawaki, M. Kurogi, and H. Hasumi, 2017: Characteristics and mechanism of deep mesoscale variability south of the Kuroshio Extension. Deep-Sea Research Part I, 123, 110-117. [link]

Kumamoto, Y., M. Aoyama, Y. Hamajima, H. Nagai, T. Yamagata, Y. Kawai, E. Oka, A. Yamaguchi, K. Imai, and A. Murata, 2017: Fukushima-derived radiocesium in the western North Pacific in 2014. Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry, 311, 1209-1217. [link]

Kobashi, F., Y. Onikata, N. Iwasaka, Y. Kawai, E. Oka, K. Uehara, S.-I. Ito, M. Odamaki, and H. Sasaki, 2016: Small meanders of the Kuroshio Extension and associated northward spreading of warm water: Three-vessel simultaneous observations and an eddy-resolving ocean model simulation. Journal of Geophysical Research, 121, 5315-5337. [link]

Aoyama M., Y. Hamajima, M. Hult, M. Uematsu, E. Oka, D. Tsumune, and Y. Kumamoto, 2016: 134Cs and 137Cs in the North Pacific Ocean derived from the TEPCO Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident, Japan in March 2011: Part One - Surface pathway and vertical distributions. Journal of Oceanography, 72, 53-65. [link]

Katsura S., E. Oka, and K. Sato, 2015: Formation Mechanism of Barrier Layer in the Subtropical Pacific. Journal of Physical Oceanography, 45, 2790-2805. [link]

Oka E., B. Qiu, Y. Takatani, K. Enyo, D. Sasano, N. Kosugi, M. Ishii, T. Nakano, and T. Suga, 2015: Decadal variability of Subtropical Mode Water subduction and its impact on biogeochemistry. Journal of Oceanography, 71, 389-400. [pdf]

Oka E., K. Uehara, T. Nakano, T. Suga, D. Yanagimoto, S. Kouketsu, S. Itoh, S. Katsura, and L. D. Talley, 2014: Synoptic observation of Central Mode Water in its formation region in spring 2003. Journal of Oceanography, 70, 521-534. [pdf]

Sukigara C., T. Suga, K. Toyama, and E. Oka, 2014: Biogeochemical responses associated with the passage of a cyclonic eddy based on shipboard observations in the western North Pacific. Journal of Oceanography, 70, 435-445. [pdf]

Iwasaka N., F. Kobashi, K. Uehara, E. Oka, M. Konda, T. Murayama, Y. Tanimoto, K. Kutsuwada, M. Kubota, and K. Suzuki, 2014: A comprehensive, simultaneous ocean and atmosphere observation north of the Kuroshio Extension in autumn 2009. Umi to Sora, 89, 99-114. [pdf]

岡英太郎, 磯辺篤彦, 市川香, 升本順夫, 須賀利雄, 川合義美, 大島慶一郎, 島田浩二, 羽角博康, 見延庄士郎, 早稲田卓爾, 岩坂直人, 河宮未知生, 伊藤幸彦, 久保田雅久, 中野俊也, 日比谷紀之, 寄高博行, 2013: 海洋学の10年展望(Ⅰ) —日本海洋学会将来構想委員会物理サブグループの議論から—. 海の研究, 191-218. [pdf]

Katsura S., E. Oka, B. Qiu, and N. Schneider, 2013: Formation and subduction of North Pacific Tropical Water and their interannual variability. Journal of Physical Oceanography, 43, 2400-2415. [pdf]

Ueno, H., I. Yasuda, S. Itoh, H. Onishi, Y. Hiroe, T. Suga, and E. Oka, 2012: Modification of a Kenai eddy along the Alaskan Stream. Journal of Geophysical Research, 117, C08032, doi:10.1029/2011JC007506. [pdf]

Wagawa, T., Y. Yoshikawa, Y. Isoda, E. Oka, K. Uehara, T. Nakano, K. Kuma, and S. Takagi, 2012: Flow fields around the Emperor Seamounts detected from current data. Journal of Geophysical Research, 117, C06006, doi:10.1029/2011JC007530. [pdf]

Oka, E., B. Qiu, S. Kouketsu, K Uehara, and T Suga, 2012: Decadal seesaw of the Central and Subtropical Mode Water formation associated with the Kuroshio Extension variability. Journal of Oceanography, 68, 355-360. [pdf]

Kouketsu, S., H. Tomita, E. Oka, S. Hosoda, T. Kobayashi, and K. Sato, 2012: The role of meso-scale eddies in mixed layer deepening and mode water formation in the western North Pacific. Journal of Oceanography, 68, 63-77. [pdf]

Oka, E., and B. Qiu, 2012: Progress of North Pacific mode water research in the past decade. Journal of Oceanography, 68, 5-20. [pdf]

Tomita, H., S. Kouketsu, E. Oka, and M. Kubota, 2011: Locally enhanced wintertime air-sea interaction and deep oceanic mixed layer formation associated with the subarctic front in the North Pacific. Geophysical Research Letters, 38, L24607, doi:10.1029/2011GL049902. [pdf]

Oka, E., T. Suga, C. Sukigara, K. Toyama, K. Shimada, and J. Yoshida, 2011: "Eddy resolving" observation of the North Pacific Subtropical Mode Water. Journal of Physical Oceanography, 41, 666-681. [pdf]

Oka, E., S. Kouketsu, K. Toyama, K. Uehara, T. Kobayashi, S. Hosoda, and T. Suga, 2011: Formation and subduction of Central Mode Water based on profiling float data, 2003-08. Journal of Physical Oceanography, 41, 113-129. [pdf]

Ueno H., H. J. Freeland, W. R. Crawford, H. Onishi, E. Oka, K. Sato, and T. Suga, 2009: Anticyclonic eddies in the Alaskan Stream. Journal of Physical Oceanography, 39, 934-951. [pdf]

Oka E., K. Toyama, and T. Suga, 2009: Subduction of North Pacific central mode water associated with subsurface mesoscale eddy. Geophysical Research Letters, 36, L08607, doi:10.1029/2009GL037540. [pdf]

Oka E., 2009: Seasonal and interannual variation of North Pacific Subtropical Mode Water in 2003-2006. Journal of Oceanography, 65, 151-164. [pdf]

Ueno, H., E. Oka, T. Suga, H. Onishi, and D. Roemmich, 2007: Formation and variation of temperature inversions in the eastern subarctic North Pacific. Geophysical Research Letters, 34(5), L05603, doi:10.1029/2006GL028715. [pdf]

Oka, E., L. D. Talley, and T. Suga, 2007: Temporal variability of winter mixed layer in the mid- to high-latitude North Pacific. Journal of Oceanography, 63, 293-307. [pdf]

Isoguchi, O., H. Kawamura, and E. Oka, 2006: Quasi-stationary jets transporting surface warm waters across the transition zone between the subtropical and the subarctic gyres in the North Pacific. Journal of Geophysical Research, 111, C10003, doi:10.1029/2005JC003402. [pdf]

Oka, E. and T. Suga, 2005: Differential formation and circulation of North Pacific Central Mode Water. Journal of Physical Oceanography, 35, 1997-2011. [pdf]

Ueno, H., E. Oka, T. Suga, and H. Onishi, 2005: Seasonal and interannual variability of temperature inversions in the subarctic North Pacific. Geophysical Research Letters, 32(20), L20603, doi:10.1029/2005GL023948. [pdf]

Oka, E., 2005: Long-term sensor drift found in recovered Argo profiling floats. Journal of Oceanography, 61, 775-781. [pdf]

Oka, E. and K. Ando, 2004: Stability of temperature and conductivity sensors of Argo profiling floats. Journal of Oceanography, 60, 253-258. [pdf]

Oka, E. and T. Suga, 2003: Formation region of North Pacific Subtropical Mode Water in the late winter of 2003. Geophysical Research Letters, 30(23), 2205, doi:10.1029/2003GL018581. [pdf]

Oka, E. and M. Kawabe, 2003: Dynamic structure of the Kuroshio south of Kyushu in relation to the Kuroshio path variations. Journal of Oceanography, 59, 595-608. [pdf]

岩坂直人, 青島桃子, 須賀利雄, 小林大洋, 岡英太郎, 2003: アルゴ事前実験で観測された黒潮続流南方海域の低気圧性渦について. 海の研究, 12, 215-226. [pdf]

Iwasaka, N., T. Suga, K. Takeuchi, K. Mizuno, Y. Takatsuki, K. Ando, T. Kobayashi, E. Oka, Y. Ichikawa, M. Miyazaki, H. Matsuura, K. Izawa, C.-S. Yang, N. Shikama, and M. Aoshima, 2003: Pre-Japan-ARGO: Experimental observation of upper and middle layers south of the Kuroshio Extension region by using profiling floats. Journal of Oceanography, 59, 119-127. [pdf]

Oka, E. and M. Kawabe, 1998: Characteristics of variations of water properties and density structure around the Kuroshio in the East China Sea. Journal of Oceanography, 54, 605-617. [pdf]

その他の出版物:

岡英太郎, 2013: アルゴ・船舶観測・高解像度モデルによるモード水研究. 月刊海洋, 45, 10-15.

岡英太郎, 纐纈慎也, 2012: アルゴ時代の海洋物理船舶観測. 月刊海洋, 44, 640-641.

岡英太郎, 2010: 北太平洋亜熱帯モード水・中央モード水の新たな循環像. 月刊海洋, 42, 628-637.

岡英太郎, 2010: 北太平洋のモード水. 海洋と生物, 32, 205-210.

東京大学海洋研究所(監修), 2009: 海の大研究, PHP研究所.

岡英太郎, 遠山勝也, 鋤柄千穂, 嶋田啓資, 吉田次郎, 須賀利雄, 2009: アルゴと船舶観測による北太平洋亜熱帯モード水の新たな形成・循環像. 月刊海洋, 41, 676-682.

岡英太郎, 植原量行, 鋤柄千穂, 須賀利雄, 2009: 北太平洋亜熱帯モード水の物理・化学・生物過程. 月刊海洋, 41, 667.

岩坂直人, 大野祐子, 岡英太郎, 星本みずほ, 吉田隆, 2007: 海洋混合層の分布と変動. 月刊海洋, 39, 445-449.

Okumura, T., N. Iwasaka, and E. Oka, 2005: A simulation of Argo float distribution in the Southern Ocean. JAMSTEC Rep. Res. Dev., 1, 45-49.

Iwasaka, N., T. Okumura, E. Oka, and K. Takeuchi, 2004: A simulation of Argo float distribution in the South Pacific. 海洋科学技術センター試験研究報告, 49, 43-50.

小林大洋, 伊澤堅志, 井上亜沙子, 四竃信行, 安藤健太郎, 高槻靖, 中島宏幸, 岡英太郎, 細田滋毅, 宮崎基, 岩坂直人, 須賀利雄, 水野恵介, 竹内謙介, 2004: PROVOR型フロートに発生した塩分オフセット問題とその解決. 海洋科学技術センター試験研究報告, 49, 107-120.

岡英太郎, 伊澤堅志, 井上亜沙子, 安藤健太郎, 四竃信行, 水野恵介, 末広孝吉, 竹内謙介, 2002: Argoフロートの回収は可能か? 海洋科学技術センター試験研究報告, 46, 147-155.

Oka E., 2002: A simulation for deployment of ARGO floats. ARGO Technical Report FY2001, JAMSTEC, 1-8.

岡英太郎, 2001: ARGOフロートの投入シミュレーション. 海洋科学技術センター試験研究報告, 44, 9-16.

Oka E., 2000: Characteristics of variations of water and dynamic properties of the Kuroshio in the East China Sea. 東京大学大学院理学系研究科博士論文, 107 pp.


(2017年2月23日更新)


岡 英太郎のホームページへ